格安結婚式場でも感動的なシンデレラストーリーにはかわりない

女性

手頃に式を挙げる

格安結婚式の仲介業者を選ぶ

結婚式場

格安結婚式をするために、普通に式場に出向いてしまうのではなく、まずは情報収集をしましょう。最近では式場や披露宴会場をもっているのではなく、それらの会場やレストランとコネクションをもつ格安結婚式の仲介業者も結婚式をパックとして提供しています。それらの場合ですと、式と披露宴、ドレスや演出、飾り付け、料理、移動などを全てまとめてコーディネートしてくれますし、パック価格で10万円以下で可能なものも多く存在します。この場合、式場や披露宴会場をそれぞれ別々に選ぶことができます。ドレスの選択肢は限られてきますが、パック料金にプラスでオプション価格を払えばドレスも好みのものを選ぶことができるでしょう。デメリットとしてはまだ実績が浅い企業や業者が多い中、多少不安が残ることや、スタッフの数もすくないことでしょうか。しかし価格は非常に魅力的ですので一考の価値はあるでしょう。

費用の優先順位を決めておくこと

結婚式は、お金をかけようと思うといくらでもかけることができます。加えて「一生に一度の晴れ舞台ですから」などと言われるとなおさら豪華にやりたくなってしまいます。その場に流されずに現実的な視点をもって臨むには、事前に優先順位や金額の目安を作っておくことが格安結婚式への第一歩です。挙式の通路や披露宴テーブル、カットナイフの生花は必要なのか、余興はどれぐらいやるのか、料理のレベルはどれくらいかなど、どこにいくらまでなら使えるのかを明確に決めておくことが大切です。特に生花の値段にびっくりする人は多いようです。一箇所生花をプラスして数万飛んでいくようなイメージですが、式自体の費用が大きいのであまり気にならなくなってしまいます。打ち合わせの前にはかならず優先順位を決めて格安結婚式を実現しましょう。

Copyright © 2015 格安結婚式場でも感動的なシンデレラストーリーにはかわりない All Rights Reserved.